« 「ジェイズ ヒル ガーデン」 | トップページ | さあっ!今年もこの季節がやって来ました! »

2009年7月22日 (水)

「お豆腐の和らい '09」京都公演 and more

 またまた久しぶりになってしまいましたが・・・・・、
 先日(11日)、久しぶりに狂言を見てきました。

 「お豆腐の和らい ’09」京都公演。
 場所は、京都府立文化芸術会館。

 今回、“KYOGEN TRANSRATOR”と銘打って、狂言を通訳とともに見る、というもの。
 通訳は、丸石 やすしさんがつとめました。

 さて、今回見た演目は次の3つ。

 「鶏婿」
 「狐塚」
 「腰祈」

 最初の「鶏婿」は、婿入りする男が決まりごとを聞きに知人に聞きに行ったのですが、嘘を教えられて・・・・、と言う設定でその婿入りの様子をおかしく見るわけですが、さらに続きがあって、もっと笑ってしまうもの。
 茂山 童子さんがなかなか笑わせてくれました! なんとなく顔つきもちょっと変わってきたような・・・。

 次の「狐塚」は、主人が群れて飛んでくる鳥から畑を守るために、太郎冠者と次郎冠者に頼むのですが、夜になると「狐が出る」と言われているため、寒くなってきたので陣中見舞いに来た主人を狐と間違えて・・・・、と言う設定。
 これは従兄弟の茂山 七五三さんとあきらさんが太郎冠者、次郎冠者となってそれぞれの持ち味十分に笑わせてくれました。

 最後の「腰祈」は、大峰山、葛城山で修行した山伏が羽黒山に帰る途中に、都にいる祖父を訪ね、祖父の腰が曲がっているのを、祈祷で直してみようと試みるのですが・・・・・、という設定。
 山伏を茂山 逸平さんが演じ、ちょっと優しい感じの山伏でした。 今回は、祖父を千之丞さんが演じるはずでしたが、体調不良、ということで、千三郎さんが演じました。(もう、大丈夫でしょうか?)
 それにしても、山伏が祈祷するときの「ボ~ロン、ボロン」 という掛け声がとっても滑稽ですが大好きです。 思わず笑えます。

 やっぱり 狂言は面白い!
 何度見ても面白く、楽しいです。
 さあて、次は いつ、どこで、何の演目を見ようかな・・・・・・?

 さて、
 この狂言を見る前にランチを出町柳で食べました。
 その店は、以前にも紹介した「京都でのんびり」(小林 由枝著)と言う本で紹介していたお店で、韓国の雰囲気いっぱいの喫茶店「李青」

 今回食べたのは、私がピビンバセットで奥さんが冷麺セット。
 いずれも京都・美山産の無農薬野菜がたっぷりと入って、とってもヘルシー!
 もちろんおいしくて、やさしい味です。
 さらにおいしかったのが、セットに付いていた漬物。
 あっさり漬けでとても美味しかったです。
 (※店内は撮影禁止のため、残念ながら画像はありません)

 店内には、韓国の琴の音楽が静かに流れ、韓国の家具や調度品で飾られ、とてもゆったりとした時間が流れます。
 メニューには、韓国のお餅やお茶などがあり、今度はそれにチャレンジしてみたい、と思います。

  090722_risei 静かなたたずまいのお店です

■喫茶「李青」
   住   所 : 京都府京都市上京区河原町通
              今出川下ル2筋目東入ル448-16
   電   話 : 075-255-6652
   営業 時間 : 11:00 ~ 18:00(ラストオーダー 17:30)
   定  休 日 : 月曜・火曜

                              ※2009年7月現在

|

« 「ジェイズ ヒル ガーデン」 | トップページ | さあっ!今年もこの季節がやって来ました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/45619490

この記事へのトラックバック一覧です: 「お豆腐の和らい '09」京都公演 and more:

« 「ジェイズ ヒル ガーデン」 | トップページ | さあっ!今年もこの季節がやって来ました! »