« 本年 初の東京出張 | トップページ | 大阪国際女子マラソン »

2009年1月22日 (木)

「グッドナイト スリイプタイト」

 もうすでに公演が終わってしまったのですが、
 先日(15日) 三谷幸喜 最新作の 「グッドナイト スリイプタイト」(HP) を見てきました。

090122_stage  会場は新しくできたサンケイホールブリーゼ。
 初めてのホールですが、もちろんのこと新しく、そしてロビー等は白を基調にしているので、とても明るい印象です。
 今回は2階席ですが、ロビーからエレベーターで上がりました。
 そして中に入ると、一転黒を基調にしています。
 かなり客席部分は傾斜があり、ステージを上から見下ろすような形です。
 また、思ったよりもホールはこじんまりとしていて、中ホール程度の大きさでしょうか?

 今回の作品は二人舞台。
 出演は中井貴一戸田恵子という組み合わせです。
 となれば、三谷作品ということも含めて大いに期待!

 もちろん、その期待は裏切られませんでした。
 二人の絶妙なテンポと間。
 そしてシリアスでもコメディでもどちらでもこなせる演技力。
 今回は休憩なしの約2時間10分の舞台でしたが、 “あっという間に終わってしまった” 、そんな感じです。

 もちろん、三谷幸喜の演出も抜群!
 今や恒例となった開演前の場内アナウンスに始まり、随所に見所満載でした。
 舞台中央にセットされた2つのベッドの距離が部屋の大きさや二人の距離感を表していたり、二人の出会ってからの時間をデジタルで表すなどの舞台づくり。
 そして、“たろう”と名付けられたペットのカメや、妻が招かれたパーティーで披露するパフォーマンスなどなど・・・・・。

 最後にどうしても紹介しておきたいのが、音楽、というか舞台袖に陣取った4人の音楽担当です。
 管鍵”樂団!?(かんげんがくだん)というフルート、オーボエ、クラリネットとピアノによる音楽ユニットですが、この4人が舞台に与える影響は音楽だけにとどまらず、さまざまな関わり方をしています。
 この4人なくしては語れない、そんな気もします。
 後で確認すすと、ユニットの紅一点のピアノを担当する荻野清子さんは、前回の「コンフィダント・絆」や映画「ザ・マジックアワー」の音楽を担当されていたそうです。

 内容的に夫婦の話なので、身につまされる場面やせりふが多々あり、ちょっとへこみ加減にもなったのも事実です。
 それでも舞台を観終わっては、スッキリした気分になっていました。

 終演後、ロビーでパンフレットを買うために並んでいると、パンフレットの横には“限定”と書かれた“おやすみセット”が・・・・・。
 おもわず買っちゃいました!

  090122_sleep_set 090122_cd
  (左)“おやすみセット”(Tシャツ、アイマスク、耳栓、サントラCD)
  (右)サントラCDには三谷幸喜・中井貴一・戸田恵子のサイン入り
  090122_panhuret そしてパンフレットも買いました

 また行きたい! 三谷幸喜舞台でした。

|

« 本年 初の東京出張 | トップページ | 大阪国際女子マラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/43815906

この記事へのトラックバック一覧です: 「グッドナイト スリイプタイト」:

« 本年 初の東京出張 | トップページ | 大阪国際女子マラソン »