« 豆乳クリームのあんみつ大福 | トップページ | 映画「東南角部屋 二階の女」 »

2008年11月21日 (金)

唐津焼

 昨日は東京出張でした。
 前夜(正確には朝)は岡田ジャパンのカタール戦を見てしまったので、やはり朝はなかなか厳しいものがありましたが、なんとか出張業務を終えたのち、帰宅前に一か所立ち寄りました。

081121_m_koten_00  佐賀の唐津で陶芸をしている従兄弟がちょうど今週、東京のギャラリーで展示会を開いているのです。

 で、東京駅からまずは新宿へと向かったのですが、神田についた時点で八王子の変電所での停電事故で足止め。 そして急遽山手線で秋葉原に向かい、総武線で新宿に向かいましたが、やはり思うように進まず、新宿で小田急線にに乗り換えて経堂にあるギャラリーに着いたときには閉場の約30分前でした。(1時間前には着く予定だったのですが・・・)

 そして会場に着くと、従兄弟本人と叔母が会場にいました。
 本人には “出張があればぜひとも行く”、と言ってはいたものの、さすがにびっくりした様子でした。

 近況を話しながら、作品を見せてもらいましたが、欲しいものが幾つかあって絞るのに一苦労。
 小皿や大皿が目を引いたのですが、最終的には一輪挿しを選びました。

  081121_m_koten_01_2 081121_m_koten_02 081121_m_koten_03 081121_m_koten_04
  081121_m_koten_11 081121_m_koten_12 081121_m_koten_13 081121_m_koten_14
  081121_m_koten_15 081121_m_koten_16 081121_m_koten_17 081121_m_koten_18

  081121_ichirin_01 こちらが今回購入した一輪挿し。 素朴な中にも品があります

 唐津では登り窯を作り、そしてその窯で作品を作っています。 <浪瀬窯>(HP)
 唐津焼は、さまざまな手法があって、いろいろな顔があり、素朴な中にも品があって、日常使いにもいいし、陶芸作品としてもいい、というなんかオールマイティ的なところがあるようです。

 展示会の会期は来週月曜日まで、とのこと。
 大変小さな空間ですが、若い陶芸家の作品や唐津焼にご興味のある方はいかがですか?

 ◆展示会は・・・・・
   ギャラリーカタカタ(東京都世田谷区宮坂3-21-13)にて24日まで開催
   詳しくはこちら

|

« 豆乳クリームのあんみつ大福 | トップページ | 映画「東南角部屋 二階の女」 »

コメント

今回は遠い所お越しいただきありがとうございました。
良い器の大事な要素に、品というものがあると思います。品に力強さが加わると風格に、品にシャープさが加わると色気になると思います。様々なことが組み合わさって、器が個性を持つのだろうと思います。

何か余計なことを書きましたが、色々な人に見てもらわないと、成長できないなと感じました。

投稿: マサヒロ | 2008年11月28日 (金) 23時35分

 返事が遅くなりました!
 展示会、よかったです。(ほんとに行けて良かった)
 今度はぜひ 唐津に伺いたいと思います。
 (いつになることやら・・・・・)
 関西でも展示会ができたらいいですね。
 (心当たりをあたってみます)

 それにしても、名言ですね、正弘君のコメント。
 焼き物だけではなく、人間にも言えることですね。

 では、また。

投稿: たけみ | 2008年12月 8日 (月) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/43176037

この記事へのトラックバック一覧です: 唐津焼:

« 豆乳クリームのあんみつ大福 | トップページ | 映画「東南角部屋 二階の女」 »