« あっちぃ~!! | トップページ | 納涼茂山狂言祭 2008 »

2008年7月25日 (金)

映画「百万円と苦虫女」

080725_hyakumanen_2 昨日、映画「百万円と苦虫女」(HP) を見てきました。

 そうです、蒼井優ちゃん主演の映画です。
 人並ですが、「フラガール」製作中の情熱大陸を見て以来、彼女のファンになったのですが、映画館で見るのは「フラガール」以来です。

 いやぁ、良かったですね。
 なんかグッとくる、という感じではありませんが、じんわりとくる感じで、キャストがまたイイ感じです。
 ハマっている、という感じで、笹野高史さん、ピエール瀧さん、堀部圭亮さん、佐々木すみ江さん、そして森山未來くん、・・・・・・・と本当にハマり役ばかりです。

 そして最初に出てくる嶋田久作さん。
 存在感ありすぎです。(でもこれだけの時間の出演?って感じの短さですが)

 それにしても、百万円貯めたら、次の土地へ、そして百万円貯めてまた次の土地へ、というスタイルは、ちょっと憧れる部分もありますが、でもなんかやっぱり寂しいですね。
 そんな中、物語はずっと優秀な弟の小学生生活と並行する形で進行していくのですが、その弟の成長も一緒に追っていくわけです。
 そして最後へ。

 どこにでも居そうな、自分の周りを見回すと本当にすぐそばにいるような登場人物たち。
 だからとても身近で、身につまされる話でもあり、会話自体はとてもよくある会話そのものです。

 いい作品ですよね。
 そんな中でみんなキャストの存在感があって、その中でもやはり蒼井優ちゃんの存在感はピカイチです。
 ほんとにいい作品でした!

   

 映画を見に行ったのは、大阪・梅田の新梅田シティにあるシネ・リーブル梅田(HP)へ行きましたが、地下にある滝見小路では梅田七夕を開催中でした。

  080725_tanabata_01_2 080725_tanabata_02
  昭和初期の町並みが再現された滝見小路食堂街で飾られるのは、本場仙台の七夕飾りだそうです。

   

 さて、最後に・・・・・、
 今日のお弁当を開けてビックリ!!

  080725bentou_a 映画をご覧になった方にはわかると思いますが・・・

|

« あっちぃ~!! | トップページ | 納涼茂山狂言祭 2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/41963123

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「百万円と苦虫女」:

» 苦虫女 [こういちの日記]
今日、映画「百万円と苦虫女」を観賞したのですが、結局、苦虫女の苦虫って何なの..... [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 16時02分

» 【百万円と苦虫女】 [じゅずじの旦那]
シャバダバダ、シャバダバダ [:るんるん:]  娑婆だばだ、娑婆だばだ、、、、[:るんるん:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]  【あらすじ】 就職できずにフリーター生活を送る21歳の佐藤鈴子(蒼井優)。親元を離れようと実家を出ることを決意した彼女だったが、友人とのルームシェアを解消されてしまう…。そこで100万円を貯めて、ひとりアルバイトを転々としながら生きていくことを決意する鈴子。海を越え、山を越え、行く先々で誰かに... [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 17時48分

» 百万円と苦虫女 [象のロケット]
佐藤鈴子21歳 − 資格なし、特技なし、友達なし、就職できずバイト生活中。 ちょっとしたトラブルをきっかけに家族の元を離れ、百万円が貯まるたびに誰も知らない土地へ移り住むことにした。 海、山、地方都市、行く先々で様々な人と出会い、少しずつ人の温かさに触れていく。 そして恋も…。 “自分を探さない旅”を始めた女の子のちょっとビターな物語。... [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 21時10分

« あっちぃ~!! | トップページ | 納涼茂山狂言祭 2008 »