« 大澤酒造(長野へ 0806 その2) | トップページ | 民芸旅館 深志荘(長野へ 0806 その4) »

2008年6月27日 (金)

あつもりそば(長野へ 0806 その3)

 大澤酒造を出て、向かったのは信州国際音楽村(HP)

 存在すら知らなかったのですが、小高い丘の上にホールやパノラマステージなどがあり、季節によってはスイセンやラベンダーを楽しめるそうです。
 今回は「ラベンダーがうまく咲いていれば…」とのことでしたが、数日肌寒い日があったそうで、“まだこれから”、という感じでした。
 (※でも今はラベンダー祭りが6月20日から7月21日まで開催されているそうです。)

  080627_rabenda01 080627_rabenda02 遠くに浅間連峰が望めます

 そして次に向かったのは上田駅温泉口方面にあるそば処「更科」
 この日は定休日で貸し切りでした。
 お店はカウンター(6・7席?)と座敷(4テーブル)のみの小さなお店です。
 入る前からゴマ油の香りがしていたのですが、おばあちゃんが揚げるかき揚げがお薦めだとか。

 そして、今回はちょっと変わったそばを注文することに。
 「あつもりそば」というこのそばは、茹でて一度冷水でしめた後に改めて温めたそばを冷たいつゆに生玉子を入れて食べる、というもの。
 ものは試し、ということで選んでみました。
 そして信州に来たからには大盛り!、と。

 さて、まずはそばが来てビックリ!
 大盛りも大盛り、特盛りではないか、と思うような量です。

  080627_atumorisoba01 あつもりそばの大盛り!
  080627_atumorisoba02 湯気が・・・・・(見えますか?)

 さて、初めてのあつもりそばですが、確かに冷たいそばにはない口に入れたとたんにそばの香りが広がるのはなかなかのもんです。
 そばがきのざるそばバージョン???

 個人的には、つゆに入れた生玉子の白身がふたになって、そばにつゆがつけづらく、そばの1/3ぐらいにつゆをつけて食べる、というスタイルの私には・・・・、ちょっと残念。
 生玉子の黄身だけでも良かったかも。
 でも、なかなか体験できないそばを食べられて満足、でした。
 それから、おばあちゃんのかき揚げもおいしかった!
 それにしても、やはり現地の人が知っている隠れた名店なのではないでしょうか。
 またぜひ行きたいです。

 食事を終えて、ここで解散。
 再会を楽しみにそれぞれ別れました。

(つづく)

■信州国際音楽村
   住   所 : 長野県上田市生田2937-1
   電   話 : 0268-42-3436
   ホームページ : http://www.ongakumura.jp/

                              ※2008年6月現在

■そば処「更科」
   住   所 : 長野県上田市天神4丁目12-9
   電   話 : 0268-25-3477
   営業 時間 : 11:00 ~ 14:00
            17:00 ~ 20:00
   定  休 日 : 月曜日・第3日曜日

                              ※2008年6月現在

|

« 大澤酒造(長野へ 0806 その2) | トップページ | 民芸旅館 深志荘(長野へ 0806 その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/41618789

この記事へのトラックバック一覧です: あつもりそば(長野へ 0806 その3):

« 大澤酒造(長野へ 0806 その2) | トップページ | 民芸旅館 深志荘(長野へ 0806 その4) »