« 浅草寺(江戸の旅0803 その4) | トップページ | 浅草~銀座、そして帰路へ(江戸の旅0803 その6) »

2008年4月14日 (月)

シチューの店「フジキッチン」(江戸の旅0803 その5)

 浅草でのランチで選んだのは「フジキッチン」
 仲見世通りの1筋裏の通りにあり、戦後から開いている店で60年を経ているそうです。

  080414_fuji_01 080414_fuji_02_2

 お店に入ったのは12時半過ぎ。
 オレンジ色の看板がよく目立っています。
 中に入ると、テーブル席が4つと、カウンター席が5席ほどの小さなお店です。
 カウンターの外に上品な年配の奥さんと、カウンター内に女性(姉妹?)がいて、奥に料理人の旦那さんの3人で切り盛りしています。

 テーブル席が一杯だったので、とりあえずカウンター席に案内してもらいました。

 そして、二人でビーフシチュー(奥さん)とタンシチュー(私)をオーダー。
 パンかライスを選ぶときにお腹がすいていたので二人ともライスをチョイス。
 さらにグラスワインをオーダーしました。

 待っている間に奥の旦那さんの働く姿をのぞいていましたが、そうこうする内に一番奥のテーブル席が空いたのでそちらに移りました。

 そして改めて店内をぐるっと見渡します・・・・。
 本当に小さなお店ですが、歴史が感じられ、昔ながらの・・・と言う感じ。

  080414_cat 猫のナイフレスト

 そして、お待ちかねのシチューが登場!
 お・い・し・そーっ!

  080414_tan タンシチュー
  080414_beef ビーフシチュー

 タンシチューはタンは勿論のことやわらかく、そしてデミグラスソースがおいしいっ!
 デミグラスソースのバランスがとてもよく、酸味を抑えながら甘さが強いわけでもなく、でも濃厚で旨味がしっかり出ている、と言う感じ。

 奥さんのビーフシチューもちょっといただきましたが、こちらは和牛のバラ肉を約1週間煮込んでいるそうで、こちらも本当にやわらかくておいしいです。 (ただ、全部食べると若干胸焼けするかも。 タンシチューのほうが私は好きです。)

 そして、二人で悔やんだのは、ライスではなくてパンにすべきだったこと。
 デミグラスソースがおいしかっただけに、このソースをパンで全部残らず食べたかった・・・・。

 とにもかくにも、本当に満足してお店をでて、再び喧騒の中へ。

(つづく)

■シチューの店「フジキッチン」
   住   所 : 東京都台東区浅草1-20-2
   電   話 : 03-3841-6531
   営業 時間 : [月~土] 12:00~15:00 17:30~20:15
            [日・祝] 16:30~20:00
   定  休 日 : 水曜日

                              ※2008年3月現在

|

« 浅草寺(江戸の旅0803 その4) | トップページ | 浅草~銀座、そして帰路へ(江戸の旅0803 その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/40873972

この記事へのトラックバック一覧です: シチューの店「フジキッチン」(江戸の旅0803 その5):

« 浅草寺(江戸の旅0803 その4) | トップページ | 浅草~銀座、そして帰路へ(江戸の旅0803 その6) »