« 「芝居茶寮 水羽」(初めての宮島 その2) | トップページ | 五重塔と千畳閣(初めての宮島 その3) »

2007年12月 4日 (火)

星野JAPAN に乾杯!

 「初めての宮島」記はちょっとひと休みして・・・・・。

 やはり書かずにはいられません!

 すばらしい! 星野JAPAN!
 そして
 北京オリンピック 出場権獲得 おめでとう!

 本当に感動しました。
 すばらしい試合を、そしてハートを、そしてガッツを、想いを、ブラウン管を通してですが本当に感じることができました。

 中でもやはり昨日の韓国戦は凄かったです!
 あの緊迫感の中での選手たちのプレーや表情を見て、「勝てる!」と確信はしたものの韓国の威圧感みたいなものに押されてしまいそうになっていましたが、星野監督と選手たちを見て、手に汗握りながらテレビを見ていました。

 今回の特に2試合を見て、ちょっと新井選手に惚れこんでしまいました。
 あの熱いハートは本当に見ていてスカッとします。
 普段は物静かなだけに余計に際立って見えます。
 打線のことで新聞等で言われている中で、5番の阿部選手とともに、しっかりと4番の重責を果たしていたと思います。
 これで来年の阪神も応援のし甲斐がありそうです!

 また、上原選手のあの場面でストッパーとして淡々と投げ込むその度胸というか、すごさにちょっと感動! やっぱりすごいやん!、といったところで、本当に見直しました。
 それからあまり派手ではないですが、しっかりと仕事をこなす大村選手にも今回初めてですがちょっと気になりました。

 WBC以来、脚光をさらに浴びている川崎選手西岡選手もしっかりと自分の仕事をしていたし・・・。

 それから・・・・。
 忘れてはならないのが、宮本キャプテン稲葉選手
 頼りになる2人です。

 最後に星野監督
 2日間のインタビューがすべてを物語っていたと思います。
 選手たちを信頼しての采配、そしてこれに応える選手たち。
 この関係は本当にすばらしい!

 そして最後の胴上げのときに、テレビのゲスト解説の東尾氏も言っていましたが、誰一人として胴上げの輪の外に向かって立っている選手やスタッフはいませんでした。(よくカメラやスタンドに向かってバンザイしている選手がいますが)
 24人の選手たちがスタッフとともに一丸になって戦ってきた、その姿がそこにはあるんだと実感できました。

 最後にもう一度、

 ありがとう! 星野JAPAN!
 北京オリンピック 出場権獲得 おめでとう!
 来年8月もあなたたちの戦いを楽しみにしています!

|

« 「芝居茶寮 水羽」(初めての宮島 その2) | トップページ | 五重塔と千畳閣(初めての宮島 その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/17268845

この記事へのトラックバック一覧です: 星野JAPAN に乾杯!:

« 「芝居茶寮 水羽」(初めての宮島 その2) | トップページ | 五重塔と千畳閣(初めての宮島 その3) »