« 出石そば(出石ぶらりある記 その1) | トップページ | 新高梨 »

2007年10月31日 (水)

出石城跡(出石ぶらりある記 その2)

 実は、出石町を訪ねるのは今回で2回目。
 前回は、それこそ出石そばを食べて、そのまま帰ってしまったのでした。

 あれから約5年。
 今回は町中を散策してきました!

 車を大手前駐車場に入れて、まずは出石城跡へ。
 出石城は慶長九年(1604)に小出吉秀によって山頂の城(有子山城)を廃して築かれたもので、一国一城制による但馬唯一の城です。 しかし天守は作られなかったそうです。
 出石の町中から見える高い石垣と復元櫓は、この町の象徴ともいうべきもののひとつです。

 まず登城門をくぐるとそこには小さな広場があり、その奥に左右に2つあるうちの右側の復元櫓が目の前に現れます。

  071030_tojoumon 071030_tojoumon_a 登城門
  071030_hukugenyagura 071030_hukugenyagura_a 登城門を入った広場から櫓を望む

 そして櫓を見上げながら石段を上り、二の丸へ。

  071030_hukugenyagura_ninomaru_2 二の丸からみた復元櫓

 さらに、左下から上がってくる赤鳥居の石段を登って本丸へ。
 この赤鳥居が場違いのようで、何かアクセントになっていて逆に惹かれます。

  071030_akatorii_a 071030_akatorii_b 071030_akatorii_c 赤鳥居に吸い込まれていくような・・・
  071030_akatoriiyagura_a 071030_akatoriiyagura_b 赤鳥居と櫓の共演
  071030_akatoriigreen 赤鳥居と緑(木・苔)

 本丸には仙石公の藩祖、仙石権兵衛秀久を祠る感応殿や、昭和43年に復元した東西隅櫓があり、往時の面影を偲ばせてくれています。
 と、ここで感応殿の前に「出石そば発祥の由来」なる石碑があり、本籍地である長野県と縁のある地であることを初めて知りました。

  071030_kannouden 071030_kannouden_setumei 感応殿とその説明札
  071030_soba_sekihi 「出石そば発祥の由来」石碑(クリックすると説明を見ることができます)
  071030_yagura_a 071030_yagura_b 071030_yagura_c 復元櫓

 そしてさらに上に登ると、最上壇の稲荷郭には城の鎮守稲荷神社を祠っています。
 二の丸、本丸、そしてこの稲荷郭からはそれぞれ町並みがよく見え、とてもいい眺めです。

  071030_inarijinja 稲荷神社
  071030_inarikaku_choubou 稲荷郭からの眺望(中央に辰鼓楼)
  071030_ninomaru_choubou_a 二の丸からの眺望(左下は旧町役場の車寄せ)

 季節によっては紅葉新緑が楽しめ、それに赤鳥居や櫓、石垣がマッチする、という絶好のスポットだと思いました。

  071030_momijitsinkorou もみじと辰鼓楼(11月にはいればもっと紅葉してきれいになっていたでしょう・・・・)
  071030_taniyamagawa_a 071030_taniyamagawa_b 城前を流れる谷山川の風景

 おそらくこれから何度か足を運ぶことになるだろうなぁ・・・・・、と感じつつ町中へ。

(つづく)

|

« 出石そば(出石ぶらりある記 その1) | トップページ | 新高梨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/16875643

この記事へのトラックバック一覧です: 出石城跡(出石ぶらりある記 その2):

« 出石そば(出石ぶらりある記 その1) | トップページ | 新高梨 »