« 横谷峡(再び長野へ0707 その2) | トップページ | 御射鹿池(再び長野へ0707 その4) »

2007年8月10日 (金)

蕎麦処「深山」(再び長野へ0707 その3)

 2日目、乙女滝を見てから昼食をとりに出かけました。
 向かったのは蕎麦処「深山」

 横谷峡入口からメルヘン街道を東に向かい、右折すると渋川温泉に行く交差点を左に曲がり、出てくる看板にしたがって2回右折してしばらくするとお店の駐車場に。 蓼科の別荘地の中にあります。
 2年前に来たときは、ちょうどお盆のシーズンだったのでだいぶ待ちましたが、この日はすんなりとお店に入れました。

 お店はそんなに大きくありません。
 看板メニューが蕎麦角煮(この組み合わせは偶然なのか、必然なのか・・・???)

 ということで、どちらも食べることができる深山定食を4人ともオーダー。
 深山定食は、真澄のかりん酒・そば・豚角煮・彩りごはん・香の物で1,600円。
 そして私はこれに1日限定20食、という塩豚を単品でオーダーしました。

 そばはしっかりと冷水でしめられていて、とてもおいしかった! 麺は細めですが、コシがあり蕎麦の味がしっかりとしています。
 角煮は本当に柔らかく、トロットロで味もしっかりしてます。 角煮のタレで白ご飯を食べてみたい、という衝動に駆られました。
 彩りごはんもあっさりしていますが、味はしっかりとついていておいしいです。
 塩豚は、ゆでたものにスライスたまねぎと豆板醤(だいぶ日がたってしまったので記憶があやふや・・・・・) のたれをつけて食べるのですが、なかなかこれがいけます! おいしいです。 これまた白ご飯が欲しくなります。

  070810_miyama_01 お店へと向かうとヤナギランが出迎えてくれます
  070810_miyama_02 ※今回、店内は「撮影お断り」だったので何も撮影していません (残念)

 2度目の来店ですが、また来たいお店です。(お気に入り!)
 両親も満足してくれました! (良かった、良かった・・・)

 (つづく)

■蕎麦処「深山」
   住   所 : 長野県茅野市北山
   電   話 : 0266-67-5182
   営業時間 : 11:30 ~ 16:30(売切次第閉店)
   定  休 日 : 火曜・水曜(夏季・GW無休)
           ※冬季間は営業していません

|

« 横谷峡(再び長野へ0707 その2) | トップページ | 御射鹿池(再び長野へ0707 その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/16043915

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦処「深山」(再び長野へ0707 その3):

« 横谷峡(再び長野へ0707 その2) | トップページ | 御射鹿池(再び長野へ0707 その4) »