« 今年2回目の墓参り(再び長野へ0707 その1) | トップページ | 蕎麦処「深山」(再び長野へ0707 その3) »

2007年8月 8日 (水)

横谷峡(再び長野へ0707 その2)

 宿泊したプチホテル カナール」(HP)のご紹介は最後にするとして・・・・・。

 2日目は朝起きると、かなり激しい雨。
 そのため午前中は宿でゆっくりすることにしました。

 そして雨がやんだ昼前に両親を誘って車で5分少々のところにある横谷峡乙女滝へと向かいました。
 横谷峡入口にある駐車場に車を止めて、そこからしばらく歩くと乙女滝へ降りる入り口があります。
 そこから約50m降りたところにあるのが乙女滝

  070808_otometaki_11 「マイナスイオン指数 20,000個/cc」の乙女滝

 実は2年前の夏にも蓼科に2人で来ており、そのときにも来てその豪快さに感動したのがこの滝。 午前中に降った雨も影響して本当にすごい!
 マイナスイオンを体全体に感じます。
 このすばらしい滝には両親、特に母親が感動していました。
 では、その豪快さを改めて感じていただきましょう!

  070808_otometaki_01070808_otometaki_02070808_otometaki_03
  070808_otometaki_04070808_otometaki_06070808_otometaki_07_2 連続写真ではありませんが・・・

 この後、昼食をとってメルヘン街道(国道299号)を少し東に行ったところにある横谷観音展望台に行きました。
 ここから見えるのが、王滝
 かなり上からの眺望となりますが、とてもきれいな滝です。

  070808_outaki_01_2 王滝(横谷観音展望台から望む)

 実は横谷峡の遊歩道の中で少し奥に入るとこの王滝を横から見ることができます。
 その画像がこちら↓。

  070808_outki_02 王滝(遊歩道から) ※2年前の写真です

 今回見たのは、乙女滝、王滝の2つの滝でしたが、横谷峡にはあと2つの滝があります。
 2年前にはそのうちの1つ、霧降の滝は見ました。

  070808_kirihurinotaki 霧降の滝 ※2年前の写真です

 おしどりの滝はまだ見たことはありませんが、ぜひ次回は見てみたいと思っています。

 この横谷峡遊歩道(HP)は2年前に来たときに二人で歩いたお気に入りのコースです。
 緑と水、そして岩とが自然の雄大さを教えてくれ、そしてとてもリラックスできるところです。 蓼科中央高原に来られた際にはぜひお勧めするコースです。
 横谷峡は冬になると滝が凍りついて「氷瀑(ひょうばく)」と呼ばれる自然が作る造形美を見ることができるそうで、春夏秋冬、それぞれの見所があるようです。

  070808_yokoyakyou_01 横谷峡遊歩道の案内図(画像をクリックすると大きくなります)
  070808_yokoyakyou_03 こんな緑の中を歩いていきます ※2年前の写真です

  最後に横谷峡入口から乙女滝に向かう間にちょっとかわいいものを見つけたので・・・。

  070808_yokoya_jizou

 (つづく)

|

« 今年2回目の墓参り(再び長野へ0707 その1) | トップページ | 蕎麦処「深山」(再び長野へ0707 その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/16040199

この記事へのトラックバック一覧です: 横谷峡(再び長野へ0707 その2):

« 今年2回目の墓参り(再び長野へ0707 その1) | トップページ | 蕎麦処「深山」(再び長野へ0707 その3) »