« 「小諸・懐古園」 後編(長野へ その6) | トップページ | 梅雨には紫陽花 »

2007年6月18日 (月)

小諸~上田、そして帰宅(長野へ その7)

 懐古園を出て、三の門前の地下道を通って小諸駅前へ。

 懐かしい駅前のロータリー。
 でも平日とはいえ、ちょっとさびれた感じは否めない。
 そして駅前通りを少し歩いてみたが、やはり印象は変わらない。
 というよりもさらに強まった。

  070618_komoroeki 懐かしい小諸駅 ここで何度も乗り降りしました

 戻ろうとしたところで、ある店先にあおばつを見つけた。
 親父の大好物だ!
 「ひたし豆」と言うところもあるが、ウチではもっぱら「あおばつ」。
 親父の喜ぶ顔を思い浮かべながら、2袋をお土産として購入した。

 駐車場に戻って、車で駅前通を走ったがやはりさびれている。
 長野新幹線が小諸を通らなくなった関係のようだ。
 そう言えば、前日佐久平を通ったときは逆にこんなところがこんなに栄えて・・・、という印象を持ったことを思い出した。

 一旦、国道18号線に出て昔の親父の実家を覗いてみる。
 奥さんは初めて見る家だ。
 今は誰も住んでいないが、叔父さんが管理している。
 懐かしさがこみ上げてくる感じ・・・。
 このあたりは若干変わったようにも見えるが、駅前ほどではない。
 車内からではあったけれど、奥さんに紹介して家を離れた。

 そして一路、上田へ。
 車で走ってみてもやはりなんとなく沿道がさびしげに見える。
 久し振りに来たせいもあるのだろうか?

 思ったよりも早く上田市内に到着。
 上田駅前の市営駐車場に車を止めて、遅い昼食をとることにした。
 車から見えた駅前のロータリーにある蕎麦屋「よろづや」に入った。

  070618_yoroduya_01 070618_yoroduya_02 蕎麦屋「よろづや」

 メニューを見て、まず目に入ったのが「くるみそば」
 昔懐かしいそばを思い出す。
 店員さんに内容を聞いて即決! くるみそば!!
 お膳で出てくると、まずそばつゆをくるみ餡が入っているお椀に入れて餡を溶かす。
 準備オーケーだ。
 このくるみ入りつゆが本当に懐かしい。
 一口食べて、思わず心の中でガッツポーズ! うまい! 懐かしい!
 本当に幸せなランチタイムでした。

  070618_kurumisoba おいしかったくるみそば
  070618_kurumian 070618_kurumiirituyu くるみ餡にそばつゆを入れてくるみ入りつゆに
  070618_tanukisoba
   ↑ くるみそばに気をとられて気づかなかったが、これが「たぬきそば」  ちょっとビックリ!!

 満足して店を後にし、小諸とは対照的な駅前通りを少し歩いて飯島商店へ。
 ここは小さい頃長野に行くと必ず口にしたみすず飴のお店。
 ここで両方の実家へのお土産を購入。

  070618_iijimashouten 飯島商店

 と、気がついたらすでに2時半を回っていたので帰路につくことにした。
 本当にこの日は天気が良くて暑い1日だったが、とても懐かしい、そしていい1日だった。

  070618_kiro 夕陽を見ながらの帰路  また来るぞ!

 そしてこれから定期的にお墓参りをすることをふたりで確認して長野をあとにしました。

|

« 「小諸・懐古園」 後編(長野へ その6) | トップページ | 梅雨には紫陽花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/15473608

この記事へのトラックバック一覧です: 小諸~上田、そして帰宅(長野へ その7):

« 「小諸・懐古園」 後編(長野へ その6) | トップページ | 梅雨には紫陽花 »