« 久しぶりの三宮散策 | トップページ | 「mont plus (モンプリュ)」 »

2007年3月 3日 (土)

蕎麦屋「卓」

久しぶりの三宮散策の昼飯に選んだのは、やはり蕎麦。
雑誌「あまから手帖」で前から気になっていた元町の「卓」に行くことにした。

神戸大丸の駐車場に車を止めて、南京街を抜けて元町商店街へ。
そのあと中突堤筋を越えて1筋目を山側に曲がると店はあった。

070302_taku
訪れたのは1時半過ぎ。
おそらく昼時を越えてひと段落した頃だと思う。
お店にお客さんは1組だけだった。

昨年秋に改装して店を拡張したそうだが、
その奥のテーブルに陣取った。

テーブルに着くと、店の屋号である「卓」の1文字が存在感ある箸袋に目が行く。
なかなか味のある、そして力強い文字だ。

070302_taku2

そして嬉しかったのが「そば湯」。
最後に飲むことは必須ではあるが最初に出てくるのはまたなんとも言えず嬉しい。
またそば茶を予想していただけに、ちょっとしたサプライズだった。

オーダーをする。
天ざるに店の壁に貼ってあった「〆さばと鯛の押し寿司」、
そしてビールとだし巻きを注文。
ちょっと鴨ロースに惹かれていたのだが、今日はだし巻きをチョイスした。

まず出てきたのがいたわさ。
オーダーしていないのだが突き出しなのだろう。
いたわさでビールを飲んでいるうちにだし巻きが出てきた。
うまいっ! ふわふわの食感となんとも言えない優しい味。

そして押し寿司、天ざるのてんぷらの順で出てくる。

070302_taku_susi 070302_taku_tennzaru

最後に主役のそば。
オーダーの時に、「黒」「白」があるとのことでそれぞれをオーダー。

070302_taku_kuro 070302_taku_siro 黒(左)と白(右)

押し寿司を後にして、そばをそのまま一口。
「黒」をまず食べたのだが、そば殻の香ばしさが、そしてそのあとからそばのうまみが。
うまいっ!!
「白」も食べましたが、私は「黒」がお勧め。

そして押し寿司はもう少し酢が利いていたほうが好みですが、
そばを大盛りにするかどうするか悩んでいた私には
ちょっとした小腹の足しにはうってつけでした。

もう少し麺の長さが長いほうが好みですが、食感、味、香りがとてもよくて満足!
そして最後のそば湯は濃厚でそばのうまみをすべて堪能した、と思わせます。

また行きたい!、と思うお店でした。
まあ、なにせお店の名前からして親近感がわかずにはいられません!

|

« 久しぶりの三宮散策 | トップページ | 「mont plus (モンプリュ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/14097622

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦屋「卓」:

« 久しぶりの三宮散策 | トップページ | 「mont plus (モンプリュ)」 »