« ペンフォールド・クヌンガ・ヒル・シラーズ・カベルネ 2004 | トップページ | 中山寺梅林へ① »

2007年2月23日 (金)

松岡直也&和田アキラ NEW UNIT

行ってきましたぁ~!

070223_blue_note

OSAKA Blue Note
「松岡直也&和田アキラ NEW UNIT」!

良かった~!
とにかく楽しかった! です。

本当にステージ上の松岡さんをはじめ和田アキラさん、
ゲタ夫さんに、フランシスに立飛のみんなが楽しそう。

そして客席もそれが伝わって、そしてステージ上のプレイに
魅了されて、ノリに乗って・・・・・。

年に1回の楽しみ、
OSAKA Blue Note の松岡直也さんのステージ。

今回は和田アキラさんからのお誘いがあって
このNEW UNITが実現したとか。

いやぁ、懐かしいですねぇ。
学生時代だから・・・・・、にじゅう ウン年前。
松岡直也グループのコンサートに毎回行ってました。

そのころのギターは、
「松岡直也グループの飛び道具」和田アキラ THE Guitar!
そして今日、久しぶりです!
やはり和田アキラのギターはいいっ!
飛びますっ!飛びますっ!

そして今回、ちょっと唸ってしまったのがフランシス・シルヴァ。
パーカッションは勿論のこと、彼の口から波の音が・・・、
リズム楽器の音が・・・、ウミネコの鳴き声が・・・、
そしてもちろん歌声が・・・。
ステージの盛り上げ役として最高でした!

もちろん松岡直也さんもきれいなメロディを奏でるとともに
昔話に顔をほころばせながらとても楽しそうなライブのよう。
ちなみに今年はバンドマスター55年周年でお年は70歳だとか。
若~い!

そしてゲタ夫さんは、これまた楽しそう!
立飛さんとともに、底のほうからズンズンと突いてきて、
サンバのリズムを構成してます。
特に今回はドラム、パーカッションとベースのリズムが効いていて
和田さんのギターを生かしてました。

本当にアッという間の1時間半でした。

それにしても、和田アキラさんを久しぶりに見て、「エッ!?」
そこで奥さんに言われました。
「そりゃ、あなたも一緒!」
まあ、20年も経てばその時のイメージが正しかったかどうかも
少々不安ですし・・・。

最後に清算中に後ろの売店を見ると、「エッ!?」
売店の中にゲタ夫さんが!
CD売ってました!

070223_getao

買っちゃいました!
ゲタ夫さんがメンバーとして入っている PINK BONGO
CDタイトルは「コマンタレヴ?」
ファーストアルバムだそうです。
サインもらっちゃいました! 握手も!

ゲタ夫さん曰く、
「何度聞いても楽しい、面白い! いろんなこと言ってますから・・・」。
明日の楽しみが増えました。

|

« ペンフォールド・クヌンガ・ヒル・シラーズ・カベルネ 2004 | トップページ | 中山寺梅林へ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197616/14014608

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡直也&和田アキラ NEW UNIT:

« ペンフォールド・クヌンガ・ヒル・シラーズ・カベルネ 2004 | トップページ | 中山寺梅林へ① »